技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・働き方などを記録

適性科目 令和2年度 Ⅱ-3

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 科学研究と産業が密接に連携する今日の社会において,科学者は複数の役割を担う状況が生まれている。このような背景のなか,科学者・研究者が外部との利益関係等によって,公的研究に必要な公正かつ適正な判断が損なわれる,または損なわれるのではないかと第三者から見なされかねない事態を利益相反(Conflict of Interest:COI)という。法律で判断できないグレーゾーンに属する問題が多いことから,研究活動において利益相反が問われる場合が少なくない。実際に弊害が生じていなくても,弊害が生じているかのごとく見られることも含まれるため,指摘を受けた場合に的確に説明できるよう,研究者及び所属機関は適切な対応を行う必要がある。以下に示すCOIに関する(ア)〜(エ)の記述のうち,正しいものは〇,誤っているものは✕として,最も適切な組合せはどれか。

  1. 公的資金を用いた研究開発の技術指導を目的にA教授はZ社と有償での兼業を行っている。A教授の所属する大学からの兼業許可では,毎週水曜日が兼業の活動日とされているが,毎週土曜日にZ社で開催される技術会議に出席する必要が生じた。そこでA教授は所属する大学のCOI委員会にこのことを相談した。
  2. B教授は自らの研究と非常に近い競争関係にある論文の査読を依頼された。しかし,その論文の内容に対して公正かつ正当な評価を行えるかに不安があり,その論文の査読を辞退した。
  3. C教授は公的資金によりY社が開発した技術の性能試験及び,その評価に携わった。その後Y社から自社の株購入の勧めがあり,少額の未公開株を購入した。取引はC教授の配偶者名義で行ったため,所属する大学のCOI委員会への相談は省略した。
  4. D教授は自らの研究成果をもとに,D教授の所属する大学から兼業許可を得て研究成果活用型のベンチャー企業を設立した。公的資金で購入したD教授が管理する研究室の設備を,そのベンチャー企業が無償で使用する必要が生じた。そこでD教授は事前に所属する大学のCOI委員会にこのことを相談した。
 

 

解答

 ③

解説

  1. 公的資金を用いた研究開発の技術指導を目的にA教授はZ社と有償での兼業を行っている。A教授の所属する大学からの兼業許可では,毎週水曜日が兼業の活動日とされているが,毎週土曜日にZ社で開催される技術会議に出席する必要が生じた。そこでA教授は所属する大学のCOI委員会にこのことを相談した。 ⭕
    適切な対応です。

  2. B教授は自らの研究と非常に近い競争関係にある論文の査読を依頼された。しかし,その論文の内容に対して公正かつ正当な評価を行えるかに不安があり,その論文の査読を辞退した。 ⭕
    適切な対応です。

  3. C教授は公的資金によりY社が開発した技術の性能試験及び,その評価に携わった。その後Y社から自社の株購入の勧めがあり,少額の未公開株を購入した。取引はC教授の配偶者名義で行ったため,所属する大学のCOI委員会への相談は省略した。 ️❌
    不適切な対応です。

  4. D教授は自らの研究成果をもとに,D教授の所属する大学から兼業許可を得て研究成果活用型のベンチャー企業を設立した。公的資金で購入したD教授が管理する研究室の設備を,そのベンチャー企業が無償で使用する必要が生じた。そこでD教授は事前に所属する大学のCOI委員会にこのことを相談した。 ⭕
    適切な対応です。

参考情報

過去の出題
オンラインテキスト
準備中