技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

適性科目 平成30年度 Ⅱ-12

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 我が国では人口減少社会の到来や少子化の進展を踏まえ,次世代の労働力を確保するために,仕事と育児・介護の両立や多様な働き方の実現が急務となっている。
 この仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けて,職場で実践すべき次の(ア)〜(コ)の記述のうち,不適切なものの数はどれか。

  1. 会議の目的やゴールを明確にする。参加メンバーや開催時間を見直す。必ず結論を出す。
  2. 事前に社内資料の作成基準を明確にして、必要以上の資料の作成を抑制する。
  3. キャビネットやデスクの整理整頓を行い,書類を探すための時間を削減する。
  4. 「人に仕事がつく」スタイルを改め,業務を可能な限り標準化,マニュアル化する。
  5. 上司は部下の仕事と労働時間を把握し,部下も仕事の進捗報告をしっかり行う。
  6. 業務の流れを分析した上で,業務分担の適正化を図る。
  7. 周りの人が担当している業務を知り,業務負荷が高いときに助け合える環境をつくる。
  8. 時間管理ツールを用いてスケジュールの共有を図り,お互いの業務効率化に協力する。
  9. 自分の業務や職場内での議論,コミュニケーションに集中できる時間をつくる。
  10. 研修などを開催して,効率的な仕事の進め方を共有する。

① 0  ② 1  ③ 2  ④ 3  ⑤ 4

 

解答

 ①

解説

  1. 会議の目的やゴールを明確にする。参加メンバーや開催時間を見直す。必ず結論を出す。 ⭕️
    適切です。
  2. 事前に社内資料の作成基準を明確にして、必要以上の資料の作成を抑制する。 ⭕️
    適切です。
  3. キャビネットやデスクの整理整頓を行い,書類を探すための時間を削減する。 ⭕️
    適切です。
  4. 「人に仕事がつく」スタイルを改め,業務を可能な限り標準化,マニュアル化する。 ⭕️
    適切です。
  5. 上司は部下の仕事と労働時間を把握し,部下も仕事の進捗報告をしっかり行う。 ⭕️
    適切です。
  6. 業務の流れを分析した上で,業務分担の適正化を図る。 ⭕️
    適切です。
  7. 周りの人が担当している業務を知り,業務負荷が高いときに助け合える環境をつくる。 ⭕️
    適切です。
  8. 時間管理ツールを用いてスケジュールの共有を図り,お互いの業務効率化に協力する。 ⭕️
    適切です。
  9. 自分の業務や職場内での議論,コミュニケーションに集中できる時間をつくる。 ⭕️
    適切です。
  10. 研修などを開催して,効率的な仕事の進め方を共有する。 ⭕️
    適切です。

参考情報

過去の出題
オンラインテキスト