技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

適性科目 平成26年度 Ⅱ-2

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 日本学術会議は,科学者が,社会の信頼と負託を得て,主体的かつ自律的に科学研究を進め,科学の健全な発達を促すため,平成18年10月3日に,すべての学術分野に共通する基本的な規範である声明「科学者の行動規範について」を決定,公表した。
 その後,データのねつ造や論文盗用といった研究活動における不正行為の事案が発生したことや,東日本大震災を契機として科学者の責任の問題がクローズアップされたこと,いわゆるデュアルユース問題について議論が行われたことから,平成25年1月25日,同声明の改訂が行われた。
 「科学者の行動規範」に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 科学者とは,所属する機関に関わらず,人文・社会科学から自然科学までを包含するすべての学術分野において,新たな知識を生み出す活動,あるいは科学的な知識の利活用に従事する研究者,専門職業者を意味する。

② 科学者は,自らが生み出す専門知識や技術の質を担保する責任を有し,さらに自らの専門知識,技術,経験を活かして,人類の健康と福祉,社会の安全と安寧,そして地球環境の持続性に貢献するという責任を有する。

③ 科学者は,自らが携わる研究の意義と役割を公開して積極的に説明し,その研究が人間,社会,環境に及ぼし得る影響や起こし得る変化を評価し,その結果を中立性・客観性をもって公表する。

④ 科学者は,研究成果を論文などで公表することで,各自が果たした役割に応じて功績の認知を得るとともに責任を負わなければならない。研究・調査データの記録保存や厳正な取扱いを徹底し,ねつ造,改ざん,盗用などの不正行為を為さず,また加担しない。

⑤ 科学者は,社会に対する科学者コミュニティの独立性を維持するために,市民との対話と交流には否定的である。また,政策立案・決定者に対して科学的助言を提供することもできるだけ避けるべきである。

 

 

解答

 ⑤

解説

① 科学者とは,所属する機関に関わらず,人文・社会科学から自然科学までを包含するすべての学術分野において,新たな知識を生み出す活動,あるいは科学的な知識の利活用に従事する研究者,専門職業者を意味する。
適切です。

② 科学者は,自らが生み出す専門知識や技術の質を担保する責任を有し,さらに自らの専門知識,技術,経験を活かして,人類の健康と福祉,社会の安全と安寧,そして地球環境の持続性に貢献するという責任を有する。
適切です。

③ 科学者は,自らが携わる研究の意義と役割を公開して積極的に説明し,その研究が人間,社会,環境に及ぼし得る影響や起こし得る変化を評価し,その結果を中立性・客観性をもって公表する。
適切です。

④ 科学者は,研究成果を論文などで公表することで,各自が果たした役割に応じて功績の認知を得るとともに責任を負わなければならない。研究・調査データの記録保存や厳正な取扱いを徹底し,ねつ造,改ざん,盗用などの不正行為を為さず,また加担しない。
適切です。

⑤ 科学者は,社会に対する科学者コミュニティの独立性を維持するために,市民との対話と交流には否定的である。また,政策立案・決定者に対して科学的助言を提供することもできるだけ避けるべきである。
相互理解のために積極的にコミュニティに参加する旨規定されているため,不適切です。

参考情報

過去の出題

 

オンラインテキスト

(作成中)