技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・働き方などを記録

基礎科目 令和2年度 Ⅰ-4-6

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法は,細胞や血液サンプルからDNAを高感度で増幅することができるため,遺伝子診断や微生物検査,動物や植物の系統調査等に用いられている。PCR法は通常,(1)DNAの熱変性,(2)プライマーのアニーリング,(3)伸長反応の3段階からなっている。PCR法に関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

① DNAの熱変性では,2本鎖DNAの共有結合を切断して1本鎖DNAに解離させるために加熱を行う。

② アニーリング温度を上げすぎると,1本鎖DNAに対するプライマーの非特異的なアニーリングが起こりやすくなる。

③ 伸長反応の時間は増幅したい配列の長さによって変える必要があり,増幅したい配列が長くなるにつれて伸長反応時間は短くする。

④ 耐熱性の高いDNAポリメラーゼが,PCR法に適している。

⑤ PCR法により増幅したDNAには,プライマーの塩基配列は含まれない。

 

解答

 ④

解説

① DNAの熱変性では,2本鎖DNAの共有結合を切断して1本鎖DNAに解離させるために加熱を行う。 ❌
不適切です。

 

② アニーリング温度を上げすぎると,1本鎖DNAに対するプライマーの非特異的なアニーリングが起こりやすくなる。 ❌
不適切です。

 

③ 伸長反応の時間は増幅したい配列の長さによって変える必要があり,増幅したい配列が長くなるにつれて伸長反応時間は短くする。 ❌
不適切です。

 

④ 耐熱性の高いDNAポリメラーゼが,PCR法に適している。 ⭕️
適切です。

 

⑤ PCR法により増幅したDNAには,プライマーの塩基配列は含まれない。 ❌
不適切です。

 

参考情報

過去の出題
オンラインテキスト
準備中