技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・働き方などを記録

基礎科目 令和2年度 Ⅰ-2-6

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 次の   に入る数値の組合せとして,最も適切なものはどれか。

 アクセス時間が50[ns]のキャッシュメモリとアクセス時間が450[ns]の主記憶からなる計算機システムがある。呼び出されたデータがキャッシュメモリに存在する確率をヒット率という。ヒット率が90%のとき,このシステムの実効アクセス時間として最も近い値は ア となり,主記憶だけの場合に比べて平均 イ 倍の速さで呼び出しができる。

 
45[ns] 2
60[ns] 2
60[ns] 5
90[ns] 2
90[ns] 5

 

解答

 ⑤

解説

準備中

 

参考情報

過去の出題
オンラインテキスト
準備中