技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・働き方などを記録

基礎科目 令和2年度 Ⅰ-2-1

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 情報の圧縮に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 復号化によって元の情報を完全に復元でき,情報の欠落がない圧縮は可逆圧縮と呼ばれ,テキストデータ等の圧縮に使われることが多い。

② 復号化によって元の情報には完全には戻らず,情報の欠落を伴う圧縮は非可逆圧縮と呼ばれ,音声や映像等の圧縮に使われることが多い。

③ 静止画に対する代表的な圧縮方式としてJPEGがあり,動画に対する代表的な圧縮方式としてMPEGがある。

④ データ圧縮では,情報源に関する知識(記号の生起確率など)が必要であり,情報源の知識が無い場合にはデータ圧縮することはできない。

⑤ 可逆圧縮には限界があり,どのような方式であっても,その限界を超えて圧縮することはできない。

 

解答

 ④

解説

① 復号化によって元の情報を完全に復元でき,情報の欠落がない圧縮は可逆圧縮と呼ばれ,テキストデータ等の圧縮に使われることが多い。 ⭕️
適切です。

 

② 復号化によって元の情報には完全には戻らず,情報の欠落を伴う圧縮は非可逆圧縮と呼ばれ,音声や映像等の圧縮に使われることが多い。 ⭕️
適切です。

 

③ 静止画に対する代表的な圧縮方式としてJPEGがあり,動画に対する代表的な圧縮方式としてMPEGがある。 ⭕️
適切です。

 

④ データ圧縮では,情報源に関する知識(記号の生起確率など)が必要であり,情報源の知識が無い場合にはデータ圧縮することはできない。 ❌
不適切です。

 

⑤ 可逆圧縮には限界があり,どのような方式であっても,その限界を超えて圧縮することはできない。 ⭕️
適切です。

 

参考情報

過去の出題
オンラインテキスト
準備中