技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

基礎科目 令和元年度再試験 Ⅰ-5-6

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 科学技術とリスクの関わりについての次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① リスク評価は,リスクの大きさを科学的に評価する作業であり,その結果とともに技術的可能性や費用対効果などを考慮してリスク管理が行われる。

② リスクコミュニケーションとは,リスクに関する,個人,機関,集団間での情報及び意見の相互交換である。

③ リスクコミュニケーションでは,科学的に評価されたリスクと人が認識するリスクの間に隔たりはないことを前提としている。

④ レギュラトリーサイエンスは,科学技術の成果を支える信頼性と波及効果を予測及び評価し,リスクに対して科学的な根拠を与えるものである。

⑤ レギュラトリーサイエンスは,リスク管理に関わる法や規制の社会的合意の形成を支援することを目的としており,科学技術と社会の調和を実現する上で重要である。

 

 

解答

 ③

解説

① リスク評価は,リスクの大きさを科学的に評価する作業であり,その結果とともに技術的可能性や費用対効果などを考慮してリスク管理が行われる。
適切です。

② リスクコミュニケーションとは,リスクに関する,個人,機関,集団間での情報及び意見の相互交換である。
適切です。

③ リスクコミュニケーションでは,科学的に評価されたリスクと人が認識するリスクの間に隔たりはないことを前提としている。
リスクコミュニケーションは,リスク認識の隔たりを埋めることが目的であるため,隔たりがないことを前提としておらず,不適切です。

④ レギュラトリーサイエンスは,科学技術の成果を支える信頼性と波及効果を予測及び評価し,リスクに対して科学的な根拠を与えるものである。
適切です。

⑤ レギュラトリーサイエンスは,リスク管理に関わる法や規制の社会的合意の形成を支援することを目的としており,科学技術と社会の調和を実現する上で重要である。
適切です。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト

(準備中)