技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

基礎科目 令和元年度 Ⅰ-5-6

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 特許法と知的財産基本法に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 特許法において,発明とは,自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。

② 特許法は,発明の保護と利用を図ることで,発明を奨励し,産業の発達に寄与することを目的とする法律である。

③ 知的財産基本法において,知的財産には,商標,商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するものも含まれる。

④ 知的財産基本法は,知的財産の創造,保護及び活用に関し,基本理念及びその実現を図るために基本となる事項を定めたものである。

⑤ 知的財産基本法によれば,国は,知的財産の創造,保護及び活用に関する施策を策定し,実施する責務を有しない。

 

 

解答

 ⑤

解説

① 特許法において,発明とは,自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。
適切です。

② 特許法は,発明の保護と利用を図ることで,発明を奨励し,産業の発達に寄与することを目的とする法律である。
適切です。

③ 知的財産基本法において,知的財産には,商標,商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するものも含まれる。
適切です。

④ 知的財産基本法は,知的財産の創造,保護及び活用に関し,基本理念及びその実現を図るために基本となる事項を定めたものである。
適切です。

⑤ 知的財産基本法によれば,国は,知的財産の創造,保護及び活用に関する施策を策定し,実施する責務を有しない。
施策策定や知的財産戦略本部の設置など,国にも責務があるため,不適切です。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト

(準備中)