技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

基礎科目 令和元年度 Ⅰ-1-3

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 設計者が製作図を作成する際の基本事項に関する次の(ア)〜(オ)の記述について,それぞれの正誤の組合せとして,最も適切なものはどれか。

  1. 工業製品の高度化,精密化に伴い,製品の各部品にも高い精度や互換性が要求されてきた。そのため最近は,形状の幾何学的な公差の指示が不要となってきている。
  2. 寸法記入は製作工程上に便利であるようにするとともに,作業現場で計算しなくても寸法が求められるようにする。
  3. 限界ゲージとは,できあがった品物が図面に指示された公差内にあるかどうかを検査するゲージのことをいう。
  4. 図面は投影法において第二角法あるいは第三角法で描かれる。
  5. 図面の細目事項は,表題欄,部品欄,あるいは図面明細表に記入される。
 

 

解答

 ⑤

解説

  1. 工業製品の高度化,精密化に伴い,製品の各部品にも高い精度や互換性が要求されてきた。そのため最近は,形状の幾何学的な公差の指示が不要となってきている。 ❌
    図面には,寸法の交差及び幾何交差が指示されていなければならない,とされているため,不適切です。

  2. 寸法記入は製作工程上に便利であるようにするとともに,作業現場で計算しなくても寸法が求められるようにする。 ⭕️
    正しいです。

  3. 限界ゲージとは,できあがった品物が図面に指示された公差内にあるかどうかを検査するゲージのことをいう。 ⭕️
    正しいです。

  4. 図面は投影法において第二角法あるいは第三角法で描かれる。 ❌
    原則は第三角法,例外的に第一角法や矢示法を認めているため,不適切です。

  5. 図面の細目事項は,表題欄,部品欄,あるいは図面明細表に記入される。 ⭕️
    正しいです。

参考情報

オンラインテキスト

(準備中)