技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

基礎科目 平成30年度 Ⅰ-2-2

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 下図は,人や荷物を垂直に移動させる装置であるエレベータの挙動の一部に関する状態遷移図である。図のように,エレベータには,「停止中」,「上昇中」,「下降中」の3つの状態がある。利用者が所望する階を「目的階」とする。「現在階」には現在エレベータが存在している階数が設定される。エレベータの内部には,階数を表すボタンが複数個あるとする。「停止中」状態で,利用者が所望の階数のボタンを押下すると,エレベータは、「停止中」,「上昇中」,「下降中」のいずれかの状態になる。「上昇中」,「下降中」の状態は,「現在階」をそれぞれ1つずつ増加又は減少させる。最終的にエレベータは,「目的階」に到着する。ここでは,簡単のため,エレベータの扉の開閉の状態,扉の開閉のためのボタン押下の動作,エレベータが目的階へ「上昇中」又は「下降中」に別の階から呼び出される動作,エレベータの故障の状態など,ここで挙げた状態遷移以外は考えないこととする。図中の状態遷移の「現在階」と「目的階」の条件において,(a),(b),(c),(d),(e)に入る記述として,最も適切な組合せはどれか。

f:id:trhnmr:20200509103224p:plain
図 エレベータの状態遷移図

  a b c d e

 

解答

 ③

解説

  1. 上昇中であるため,現在階 < 目的階 になります。

  2. 停止中になる条件であるため,現在階 = 目的階 になります。

  3. 停止中になる条件であるため,現在階 = 目的階 になります。

  4. 下降中であるため,現在階 > 目的階 になります。

  5. 停止中になる条件であるため,現在階 > 目的階 になります。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト