技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

基礎科目 平成30年度 Ⅰ-1-1

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 下図に示される左端から右端に情報を伝達するシステムの設計を考える。図中の数値及び記号X(X>0)は,構成する各要素の信頼度を示す。また,要素が並列につながっている部分は,少なくともどちらか一方が正常であれば,その部分は正常に作動する。ここで,図中のように,同じ信頼度Xを持つ要素を配置することによって,システムA全体の信頼度とシステムB全体の信頼度が同等であるという。このとき,図中のシステムA全体の信頼度及びシステムB全体の信頼度として,最も近い値はどれか。

f:id:trhnmr:20200509103143p:plain
図 システム構成図と各要素の信頼度

① 0.835

② 0.857

③ 0.901

④ 0.945

⑤ 0.966

 

解答

 ③

解説

 直列は信頼度の積,並列は1 − { ( 1 − 信頼度 ) の積 }で信頼度を求めます。
システムAの信頼度は,
 0.950 × { (1− ( 1− X ) × ( 1− X ) } × 0.950 = 1.805X − 0.9025X2
システムBの信頼度は,
 X × X × X = X3

 よって,これらが同じになる場合は,
  1.805X - 0.9025X2 = X3
  X ≒ 0.966
となります。

 したがって,全体の信頼度は,
  0.966 × 0.966 × 0.966 ≒ 0.901
となります。

参考情報

オンラインテキスト