技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

基礎科目 平成29年度 Ⅰ-5-4

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 我が国の近年の家庭のエネルギー消費に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 全国総和の年間エネルギー消費量を用途別に見ると,約3割が給湯用のエネルギーである。

② 全国総和の年間エネルギー消費量を用途別に見ると,冷房のエネルギー消費量は暖房のエネルギー消費量の約10倍である。

③ 全国総和の年間エネルギー消費量をエネルギー種別に見ると,約5割が電気である。

④ 電気冷蔵庫,テレビ,エアコンなどの電気製品は,エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)に基づく「トップランナー制度」の対象になっており,エネルギー消費効率の基準値が設定されている。

⑤ 全国総和の年間電力消費量のうち,約5%が待機時消費電力として失われている。

 

 

解答

 ②

解説

① 全国総和の年間エネルギー消費量を用途別に見ると,約3割が給湯用のエネルギーである。
適切です。

② 全国総和の年間エネルギー消費量を用途別に見ると,冷房のエネルギー消費量は暖房のエネルギー消費量の約10倍である。
冷房のエネルギー消費量は暖房のエネルギー消費量の約1/10です。

③ 全国総和の年間エネルギー消費量をエネルギー種別に見ると,約5割が電気である。
適切です。

④ 電気冷蔵庫,テレビ,エアコンなどの電気製品は,エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)に基づく「トップランナー制度」の対象になっており,エネルギー消費効率の基準値が設定されている。
適切です。

⑤ 全国総和の年間電力消費量のうち,約5%が待機時消費電力として失われている。
適切です。

 

 

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト

(作成中)