技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

基礎科目 平成28年度 Ⅰ-3-6

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 下図に示すように,同じ長さLの棒A(断面積AA,縦弾性係数(ヤング係数)EA)と棒B(断面積AB,縦弾性係数(ヤング係数)EB)の両端が剛板に接着され,そこに引張力Pが作用している。棒Aと棒Bには,同じ長さの伸びが生じる。このとき,棒Aと棒Bに生じている引張応力σAとσBの比として,最も適切なものはどれか。

f:id:trhnmr:20200510101144p:plain

① σ/ σB = AAE/ ABEB

② σ/ σB = ABE/ AAEA

③ σ/ σB = ABE/ AAEB

④ σ/ σB = EA/EB

⑤ σ/ σB = EB/EA

 

 

解答

 ④

解説

 棒Aと棒Bには,同じ長さの伸びが生じる,という条件から,それぞれの棒に働く引張力をPA,PBとすると,
  PAL / AAEA = PBL / ABEB
であるため,
  ( PA / AA ) / ( PB / AB ) = EA / EB
となります。

 また,引張応力は,
  σ= PA / AA
  σB = PB / AB
と表せますので,その比は,
  σ/ σB = EA/EB
となります。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト

(作成中)