技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

基礎科目 平成28年度 Ⅰ-3-5

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 下図に示す支持条件の異なる3つのはり(a),(b),(c)を考える。3つのはりの材料及び断面の形状と寸法は全て同じである。これらのはり(a),(b),(c)の最も小さい固有振動数をそれぞれfa,fb,fcとすると,fa,fb,fcに関する大小関係として,正しいものはどれか。ただし,はりのせん断変形は無視できるものとする。

f:id:trhnmr:20200510101121p:plain

① fb < fa < fc

② fa < fc < fc

③ fa < fb < fc

④ fb < fc < fa

⑤ fc < fa < fb

 

 

解答

 ①

解説

 3つのはりの材料及び断面の形状と寸法は全て同じであるという条件から,振動数係数の大小が,固有振動数の大小になります。

 振動数係数は,
  支持ー支持(a)の場合,π
  固定ー支持(b)の場合,1.875
  固定ー固定(c)の場合,4.730
であり,大小関係は,
  fb < fa < fc
となります。

参考情報

過去の出題
  • 平成23年度 Ⅰ-3-4
オンラインテキスト

(作成中)