技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・働き方などを記録

基礎科目 平成25年度 Ⅰ-3-2

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 下図に示す,長さが同じで同一の断面積4d2を有し,断面形状が異なる3つの単純支持のはり(a),(b),(c)の勾平面内の曲げ振動について考える。これらのはりのうち,最も小さい1次固有振動数を有するものとして正しいものはどれか。ただし,はりは同一の等方性線形弾性体からなり,はりの断面は平面を保ち,断面形状は変わらず,また,はりに生じるせん断変形は無視する。

① (a)のみ

② (b)のみ

③ (c)のみ

④ (a)と(b)

⑤ (b)と(c)

 

f:id:trhnmr:20200510184833p:plain

 

解答

 ③

解説

 断面二次モーメントは,
  (断面幅)×(断面高さ)/ 12
で表されます。

 それぞれ計算すると次の通りになります。

  • (a)の1次固有振動数
    { d × ( 4d )} / 12 = 16d/ 3
  • (b)の1次固有振動数
    { 2d × ( 2d )} / 12 = 4d/ 3
  • (c)の1次固有振動数
    { 4d × d} / 12 = d/ 3

 よって,最も小さいものは(c)となります。

参考情報

過去の出題
  • 平成21年度 Ⅰ-3-2
オンラインテキスト

(作成中)