技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

基礎科目 平成25年度 Ⅰ-2-6

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 10,000命令のプログラムをクロック周波数2.0GHzのCPUで実行する。下表は,各命令の個数と,CPI(命令当たりの平均クロックサイクル数)を示している。このプログラムのCPU実行時間として最も適切なものはどれか。

命令 個数 CPI
転送命令 3,500 6
算術演算命令 5,000 5
条件分岐命令 1,500 4

① 26ナノ秒

② 25マイクロ秒

③ 26マイクロ秒

④ 25ミリ秒

⑤ 26ミリ秒

 

 

解答

 ③

解説

 CPU実行時間は,
  ( 命令数 × CPI ) ÷ クロック周波数
で求められます。

 よって,このプログラムのCPU実行時間は,
  {( 3,500 × 6 ) + ( 5,000 × 5 ) + ( 1,500 × 4 ) } ÷ 2.0 × 10
 = 26 × 10-6
 = 26(マイクロ秒)
となります。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト

(作成中)