技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

システムアーキテクト試験

業務とITのグランドデザイナー

 システム開発の上流工程を主導する立場で,豊富な業務知識に基づいて的確な分析を行い,業務ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成に導く,上級エンジニアを目指す方に最適です。

国家資格
公的資格
民間資格
業務独占
名称独占
必置

試験情報 ▼試験対策 ▼過去問題 ▼

 
通年(CBT)

f:id:trhnmr:20200328123020g:plain f:id:trhnmr:20200328123034g:plain f:id:trhnmr:20200328123045g:plain

春秋共通

f:id:trhnmr:20200328123054g:plain f:id:trhnmr:20200328123304g:plain

春期のみ

f:id:trhnmr:20200328123135g:plain f:id:trhnmr:20200328123158g:plain f:id:trhnmr:20200328123212g:plain f:id:trhnmr:20200328123251g:plain

秋期のみ

f:id:trhnmr:20200328123108g:plain f:id:trhnmr:20200328123123g:plain f:id:trhnmr:20200328123146g:plain f:id:trhnmr:20200328123239g:plain

 

試験情報

基本情報

対象者像

 高度IT人材として確立した専門分野をもち,ITストラテジストによる提案を受けて,情報システム又は組込みシステムの開発に必要となる要件を定義し,それを実現するためのアーキテクチャを設計し,情報システムについては開発を主導する者

期待する技術水準

 システムアーキテクトの業務と役割を円滑に遂行するため,次の知識・実践能力が要求される。

〔情報システム〕

(1)情報システム戦略を正しく理解し,業務モデル・情報システム全体体系を検討できる。

(2)各種業務プロセスについての専門知識とシステムに関する知識を有し,双方を活用して,適切なシステムを提案できる。

(3)企業のビジネス活動を抽象化(モデル化)して,情報技術を適用できる形に再構成できる。

(4)業種ごとのベストプラクティスや主要企業の業務プロセスの状況,同一業種の多くのユーザ企業における業務プロセスの状況,業種ごとの専門知識,業界固有の慣行などに関する知見をもつ。

(5)情報システムの実現方式,開発手法,ソフトウェアパッケージなどの汎用的なシステムに関する知見をもち,適切な選択と適用ができる。

(6)OS,データベース,ネットワークなどにかかわる基本的要素技術に関する知見をもち,その技術リスクと影響を勘案し,適切な情報システムを構築し,保守できる。

(7)情報システムのシステム運用,業務運用,投資効果及び業務効果について,適切な評価基準を設定し,分析・評価できる。

(8)多数の企業への展開を念頭において,ソフトウェアや,システムサービスの汎用化を検討できる。

〔組込みシステム〕

(1)対象とする組込みシステムが用いられる環境条件や安全性などの品質要件を吟味し,実現すべき機能仕様を決定できる。

(2)対象とする組込みシステムの機能仕様に基づき,ハードウェアとソフトウェアの適切な組合せを設計し,それぞれの要求仕様としてまとめることができる。

(3)リアルタイムOSに関する深い知識と汎用的なモジュールに対する知識を有し,ソフトウェア資産の再利用可能性の検討や,適切な活用ができる。

試験時間

午前Ⅰ 9:30~10:20(50分)
午前Ⅱ 10:50~11:30(40分)
午後Ⅰ 12:30~14:00(90分)
午後Ⅱ 14:30~16:30(120分)

出題数

午前Ⅰ 30問
午前Ⅱ 25問
午後Ⅰ 出題4問,解答2問
午後Ⅱ 出題3問,解答1問

出題形式

午前Ⅰ 多肢選択式(四肢択一)
午前Ⅱ 多肢選択式(四肢択一)
午後Ⅰ 記述式
午後Ⅱ 論述式

合格基準

午前Ⅰ 60点/100点満点
午前Ⅱ 60点/100点満点
午後Ⅰ 60点/100点満点
午後Ⅱ ランクA

試験方式

ペーパ方式

採点方式

素点方式

試験内容

 午前試験の範囲については,次表の通りです。午後試験の詳細な知識・技能については,システムアーキテクト試験シラバスを参照ください。

f:id:trhnmr:20200326191736p:plain

統計情報

 共通キャリア・スキルフレームワークのシステムアーキテクト,テクニカルスペシャリストのレベル4に相当します。以下に示す通り,合格率は14%前後で推移しており,難関試験になります。

 
 

 

試験対策

対策方法

午前Ⅰ

 高度試験の午前Ⅰ問題は,全て同時開催の応用情報技術者試験から出題されます(80問中30問)。
 したがって,午前Ⅰ対策については,応用情報技術者試験のページをご覧ください。

 なお,午前Ⅰについては,応用情報技術者試験や高度試験の合格や高度試験午前Ⅰ基準点以上取得(部分合格)により,2年間の免除が受けられます。
 そのため負担を減らすためにも,なんとかこの免除の権利は取得しておきたいところです。

f:id:trhnmr:20200925084518p:plain
f:id:trhnmr:20200925084549p:plain
午前Ⅱ

 午前Ⅱ試験は,四肢択一式の問題が25問出題され,そのおよそ半数が過去出題された問題と全く同じものになります。
 そのため,過去問題演習が最も有効な対策になります。
 なお,範囲はシステム開発技術分野が中心であり,出題数は概ね下表のとおりです。(*:重点分野)

中分類 出題数 中分類 出題数
システム開発技術 XX システム構成要素 XX
ソフトウェア開発管理技術 XX データベース XX
システム戦略 XX ネットワーク XX
システム企画 XX セキュリティ XX
コンピュータ構成要素 XX 合計 25
午後Ⅰ

 午後Ⅰ試験は,記述式の問題が4問出題され,その内2問を解答します。
 午前と違い全く同じ問題が出るわけではありませんが,長文問題への慣れや傾向把握のためにも過去問題演習は欠かせません。

午後Ⅱ

 午後Ⅱ試験は,論述式の問題が3問出題され,その内1問を選択して解答します。
 論述式試験は,短い時間の中でかなりの字数を書かなければなりません。そのため,ある程度題材をシミュレーションしておくことで,考える時間を極力少なくしましょう。

オンラインテキスト

(準備中)

書籍・Twitter

Twitter

 

過去問題

 (準備中)