技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

IP 平成28年度 春期 問12

◀︎ 前へ次へ ▶︎️

 A社の子会社であるB社では,A社の製品も販売している。A社とB社の当期の売上高,売上原価,売上総利益が表のとおりであり,当期のA社の売上高におけるB社への販売分が2,000百万円である。このとき,連結損益計算書における当期仕入高は何百万円か。ここで,A社はB社からの仕入はないものとする。

f:id:trhnmr:20200330143502p:plain

  1. 11,000
  2. 12,000
  3. 14,000
  4. 16,000

 

解答

 ウ

解説

 B社の当期仕入高3,000百万円のうち,2,000百万円がA社からの仕入れ(A社のB社への販売分)であるため,連結での仕入高は,両社の合計からこれを除いた分となる。

 よって,連結損益計算書における当期仕入高は,
  13,000 + 3,000 - 2,000 = 14,000(百万円)
となる。

 

参考情報

分野・分類

分野 :ストラテジ系
大分類:企業と法務
中分類:企業活動
小分類:会計・財務

オンラインテキスト