技事録係

IT中心にエンジニアに必要な技術情報・最新動向・資格試験対策等を記録

人工知能をめぐる動向 公式例題①

次へ ▶︎️

 国際的な画像認識コンペティション“ILSVRC2012”について,正しいものをすべて選べ。

  1. 画像認識は,2017年現在でディープラーニングが最も高い精度を実現できるタスクである。
  2. ImageNetとは,手書き文字認識のためのデータセットである。
  3. 優勝チームはトロント大学のジェフリー・ヒントン教授率いるSuperVisionである。
  4. このコンペティションであげられた成果は,「人工知能研究50年来のブレイク・スルー」と称された。

【出典】JDLA公式HP 例題

 

解答

 1,3

解説

 “ILSVRC2012”は,「ディープラーニング」の凄さを知らしめることになった,画像認識の精度を競わせるコンペティションです。
 トロント大学のジェフリー・ヒントン教授が率いるチームが,ディープラーニングを活用した画像認識プログラム「SuperVision」を用い,圧倒的な勝利を収めました。

  1. 画像認識は,2017年現在でディープラーニングが最も高い精度を実現できるタスクである。
    正しいです。

  2. ImageNetとは,手書き文字認識のためのデータセットである。
    ImageNetは,画像認識のためのデータセットです。
    スタンフォード大学がインターネット上から画像を集めて分類しました。

  3. 優勝チームはトロント大学のジェフリー・ヒントン教授率いるSuperVisionである。
    正しいです。

  4. このコンペティションであげられた成果は,「人工知能研究50年来のブレイク・スルー」と称された。
    “ILSVRC2012”は,あくまで競技会です。
    「50年来のブレイクスルーと称される」成果は,2006年にカナダのトロント大学のジェフリー・ヒントン教授が論文で示した「ディープラーニング」について,と言えるでしょう。